通信制大学で学び直す

看護師のスキルアップに役立つことの一つに、学校で学び直し、新たな知識を習得するというものがあります。
社会人になったあとも学校に通って知識を深めるという考え方は、生涯学習という概念が広く普及する中で受け入れられるようになりつつあります。社会人として仕事に就きながら学校に通っている人も増加しているのが現状です。
忙しい看護師のスキルアップとしておすすめしたいのは、通信制の大学での学習です。

通信制の大学では基本的に自分のペースで学習を進めることができることから、不規則になりがちな勤務体系でも学習を継続しやすいのがメリットです。スクーリングなどで実際に登校する必要がある場合も、休みなどのシフトを上手く調整することで、十分卒業を目指すことができます。
専門学校を卒業して看護師の資格を取得した場合、専門学校において取得した単位を大学に申請することにより、大学の卒業に必要な単位の一部として認定してもらうことも可能です。大卒の学位を取得することによって給与の増加を図ったり、学生証を活用して交通機関の割引を得られるという副次的なメリットもあります。

通信制大学によっては、社会福祉士をはじめとした医療介護関連資格の取得を目指すこともできます。そのため、通信制大学での学習は、キャリアアップを目指している人にもおすすめです。
複数の資格を取得しておくことは、看護師としての技術や知識の向上に繋がります。そして体力面の不安や年齢などで今後看護師以外の職種に就くことを視野に入れている場合、転職の際の大きなアドバンテージとしても重要です。