スキンケアアドバイザーの資格を取得する

看護師のスキルアップとして注目されている資格にスキンケアアドバイザーがあります。これは一般社団法人日本スキンケア協会が認定する民間資格で、取得者の多くは美容・医療関係の人たちです。

女性だけでなく、近年では日々スキンケアを行う男性も多くいますが、専門知識を持った人はほとんどいません。そのため、なんとなくのイメージや宣伝、お店の人の勧めなどでスキンケア用品を購入することになりますが、それが必ずしもベストの選択になるとは限りません。
そうした人たちに正しい知識を提供し、化粧品選びのアドバイスをするのがスキンケアアドバイザーの仕事です。
美容関係の人に必要な資格と思われるかもしれませんが、看護師でも特に皮膚科や美容皮膚科に勤務する人なら、患者さんの力になるためにもぜひ持っておきたい資格と言えます。

スキンケアアドバイザーの資格を看護師におすすめしたい理由は、もう一つあります。それは、通信教育でも取得できるということです。
看護師の場合勤務時間が不規則なので、働きながら学校に通うというのは困難です。その点、通信教育なら都合の良い時間に学習できるので、最後まで続けることができます。
通信教育講座は日本スキンケア協会が行っており、受講完了後に公式課題レポートを提出、正解率が70パーセント以上であれば合格となります。医師やトップエステティシャンが作成したテキストは内容も非常に充実しており、皮膚科学から接客まで幅広く学ぶことができるのが魅力です。

【【※参考HP*スキンケアアドバイザーになりたい!】】